MスキンクリニックMスキンクリニック

ブログ

BLOG

あざ

■ ADM ADM(acquired dermal melanocytosis:後天性真皮メラノサイト-シス)は、成人に出現する青灰色~褐色の色素斑で、両側の頬部に左右対称にみられ、大多数の方はしみだと思い受診されます。もちろん、しみや肝斑と混在している場合もあります。レーザー治療を行います。6ヶ月~1年毎に2~3回程度の治療が必要です。 ■太田母斑 生後1年以内もしくは思春期に顔の片側(まれに両...

外傷性色素沈着

鉛筆の芯がささったり、アスファルトで受傷したすり傷の後などに色素が残ってしまうことがあります。レーザー治療(保険適応)を行います。症状により治療回数が異なります。 ...

きず・やけど

切り傷やすり傷、やけどなど日常で負う皮膚の傷に対して、適切な処置を行ってなるべく早く上皮化するように治療いたします。治癒後のアフターケアもご説明します。     ...

巻き爪・陥入爪

爪の端が皮膚にくい込んでいる状態です。負担のかかる足の親指に多く、深爪、靴の圧迫などが原因です。化膿して痛みがある場合は、内服療法、テーピング、手術など治療が必要です。※土曜日は手術は行っておりません。     ...

ケロイド・肥厚性瘢痕

傷跡が赤く硬く盛り上がった状態です。整容上の問題だけでなく、かゆみや痛み、つっぱり感などの症状を認める場合もあります。内服、外用、注射療法などを行います。 ...

皮膚・皮下の良性腫瘍

色素性母斑(ほくろ)、脂漏性角化症(いぼ)、粉瘤(アテローマ)、脂肪腫など切除手術を行います。レーザー治療(自費診療)を行う場合もあります。※手術は木曜日午後に行っています。   ...