MスキンクリニックMスキンクリニック

ブログ

ウルトラセル・ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+のHIFUの2種類のカートリッジ(ドット、リニア)およびウルトラセルの高周波を用いた新しいコンビネーション治療です。お悩みに合わせた複数のデバイスを用いて、皮膚、脂肪層、SMAS筋膜3層に働きかけ、たるみをひきしめ、はり感を改善してリフトアップを図ります。たるみの原因である衰えた組織を、熱影響を与えることにより一旦壊して、元来皮膚に備わっている自然治癒能力を利用して新たに構築することを目的としています。時間をかけて組織の自然な若返りを図るという、手術では得られない効果が最大のメリットです。たるみが気になっている方はもちろん、将来のたるみを予防したい方にもおすすめの治療です。

解剖の知識と機器の特性を熟知した医師が全ての施術を行います。症状やご希望に応じて、最適の設定、照射法をプランニングいたします。

1.HIFU(ウルトラセルQ+、高密度焦点式超音波)

超音波を目的の部位一点に集束し、一瞬で組織を高温に収縮させます。皮膚の土台となるSMAS筋膜をターゲットとした深度4.5mm、皮膚直下の深度3.0mmにドットカートリッジで照射します。SMAS筋膜は、以前はフェイスリフト手術でしか治療できませんでしたが、HIFUにより可能となり、HIFUは“切らないフェイスリフト”といわれています。治療後1ヶ月ころから引き上げ効果が現れ、3~6ヶ月程度かけて徐々に効果が強まり1年程度持続すると言われています。より高い効果を望まれる方は6ヶ月後に、持続的な効果を望まれる方は1年後に追加照射をおすすめします。目まわりの小じわや法令線の小じわ、頬の毛穴、はり感の改善を望む方は、2.0mmのドットカートリッジ(シャワー)を追加します。あご下や下顔面の脂肪のボリュームダウンには、リニアファーム(リニアカートリッジ4.5mm、6.0mm)が効果的です。リニアファームは2週間毎に3回が目安です。いずれもほぼノーダウンタイムの治療です。当日に極軽度の腫れや、数日後に鈍痛が生じることがありますが、次第に軽快します。通常は麻酔なしで治療しておりますが、痛みに不安がある方はご相談ください。

【おすすめしたい方】

・顔全体のたるみが気になる方

・フェイスラインを引きしめたい方、二重あごの方

・頬のたるみが気になる方

・目まわりや法令線の小じわが気になる方

・はりを出したい方

・頬の毛穴が気になっている方

 

2.GFR(ウルトラセル、高周波)

皮膚の深部にまで到達する高周波(ラジオ波、RF)を照射することで、加齢により衰えたコラーゲンに熱変性を起こし収縮させ、その後の修復する過程でコラーゲンが大量に増生されます。その結果、肌全体のはりと弾力が高まり、小じわやたるみが改善します。また、たるみによって広がった毛穴が目立たなくなり、なめらかな肌へと導きます。治療直後から1~2週間後から徐々に効果が現れ、コラーゲンが増生される3~6ヶ月にわたり第2段階目のひきしめ効果を発揮します。より高い効果を望まれる方は3ヶ月後に、持続的な効果を望まれる方は6ヶ月後に追加照射をおすすめします。ほぼノーダウンタイムの治療ですが、直後に軽い腫れや部分的な赤みが生じることがあります。また、熱影響を与える治療ですので熱傷のリスクがゼロではありません。治療中痛みが強い場合はすぐにお知らせください。

【おすすめしたい方】

・頬のたるみが気になる方

・上まぶたのたるみが気になる方

・全体の美肌効果(くすみ改善、はり、きめ)を望む方

 

3.ウルトラセル・アイ(高周波)

上眼瞼のたるみや目まわりの小じわ改善に特化したメニューで、GFRの目元専用の小さいチップとフラクショナル高周波(SRR)を組み合わせて、細部まで集中的に2層に照射します。下眼瞼や目じりの小じわの改善や上眼瞼のたるみの改善、はり感の改善が期待できます。特にたるみを改善したい方は、GFRフルフェイスの治療との併用が効果的です。治療後1~3ヶ月かけて効果が現れます。更に改善を望まれる方は、3ヶ月後程度で追加照射を行うと効果的です。治療前に表面麻酔(クリーム塗布)を行います。治療直後に軽度の赤みや腫れおよび数日間小さくうすいかさぶたが生じる可能性があります。

【おすすめしたい方】

・目まわりの小じわが気になる方

・上まぶたのたるみが気になる方